エントリーコスト:オメガウォッチ

エントリーコストシリーズの最新のインストールへようこそ。ここでは、いくつかの主要な高級時計ブランドの最も手頃なエントリーレベルの作品を見つけることができます。 以前、ロレックスのオイスターパーペチュアルウォッチ、パネライルミノールPAM000ベースロゴウォッチ、ウブロクラシックフュージョンチタンを各ブランドのエントリーレベルモデルとして検討しました。 時計業界の巨人であり、aBlogtoWatchコミュニティに少数のファンがいると、Omegaウォッチがなければシリーズは不完全になり、エントリーコストシリーズのルールの範囲内でプレイするために、ブランドの最も手頃な価格の自動時計を今日入手可能:オメガシーマスターダイバー300M共軸クロノメーター時計。 また、オメガシーマスターアクアテラ150Mもチェックします。このモデルは、ブランドの最低価格のメンズウォッチとして登場するクォーツモデルです。

近年、オメガはビルドの品質、動き、デザインでゲームを向上させており、結果として、場合によっては価格設定も向上しています。 今年は、新しい「マスタークロノメーター」ムーブメントを誇る複数のモデルを備えたシーマスタープラネットオーシャンラインが刷新されました。つまり、オメガでの広範なMETAS社内テストに合格しています。 METAS認定は、2015年にグローブマスターを再導入してデビューしました。グローブマスターは、多くの見物人にとって、日付ウィンドウが付いていない別のドレッシーな溝付きベゼル時計に投げられたガントレットであった古いコンステレーション時計の改良版ですシングルアウト。

オメガは、最終的にほとんどすべての社内ムーブメントに認証を適用する予定です。 これはオメガでの新機能の一部に過ぎず、この記事では神話に近いSpeedmaster Moonwatchにさえ入ることはできませんが、Seamasterに付属するユニークなクールファクターに言及します「007ウォッチ」。オメガシーマスターのファンは、このラインが機械式とクォーツの両方で最も手頃なオメガウォッチであることを喜ぶことができます。

オメガの最も手頃な価格のメンズウォッチ:オメガシーマスターアクアテラ150M(クォーツ)、オメガシーマスターダイバー300Mコーアクシャル(機械式)

記録的には、オメガの時計全体の中で最も安価なのは、女性の24.4mmクオーツデヴィルプレステージで、約2, 650米ドルだと思います。 ただし、Googleアナリティクスによると、aBlogtoWatchの視聴者は男性の約90%であり(タオルはスナップしないでください)、おそらく機械式時計に圧倒的に興味があるので、エントリーコストの定義を少し調整しています。 本日、オメガシーマスターアクアテラ150Mをエントリーレベルのメンズクォーツウォッチとして3, 000米ドル以下で、オメガシーマスターダイバー300Mコーアクシャルをエントリーレベルメンズメカニカルウォッチとして4, 000米ドルで簡単に見ていきます。 -プラス。

ブランドのファンは、オメガの最も基本的な時計が好きなものをたくさん提供していることに気付くでしょう。 豪華なベルやホイッスルの価格が高くなることや、エントリーレベルの作品には時計ファンを興奮させるプレミアム機能が含まれていないことを驚かせたり失望させたりしないでください。 ただし、Omegaの場合、これらの機能は無駄にされたり、妥協されたり、ブランドの技術、品質、スタイル、歴史にまったく欠けることはなく、提供するものを正確に調べたいと考えています。

広告

贅沢な名前だけでなく、手首にオメガを望む人は、おそらくその歴史を高く評価しています。 少なくとも多くのファンにとって、シーマスターとスピードマスターのラインはオメガの最も代表的なものです。 由緒あるシーマスターラインは、ダイバー300Mとアクアテラの両方を見つける場所であるため、今日私たちの焦点となっています。 シーマスターは、オメガの現在のラインの中で最も古いもので、1948年に導入されました。このブランドはすでに100年の歴史がありました。 アクアテラは、シーマスターラインの中でも際立っており、今日ではオメガが最もスポーティであり、ほとんどが本格的なダイブウォッチで占められています。 一方、オメガシーマスターアクアテラ150Mウォッチは、以前のドレッシーなシーマスターウォッチをreとさせますが、150メートルの防水性はもちろんのこと、現代的で男性的で微妙なスポーティなエッジを保持しています。

オメガシーマスターアクアテラ150Mクォーツ時計、ref。 231.10.39.60.06.001(グレー)および231.10.39.60.02.001(ホワイト)

上に描かれているこの特定のAqua Terra 150Mモデルは、オメガの最も手頃な価格のメンズウォッチです。 オメガがリオで開催された2016年夏季オリンピックの公式オリンピックタイムキーパーとして、ブランドはこれらの特定のモデルを米国オリンピックチームのアスリート(新しい時計に加えて46個の金メダルを獲得)に贈呈しました。記事はいくつかの方法でタイムリーです。 38.5mmスチールケースにグレーまたはホワイトダイヤルを選択できるこのオメガシーマスターアクアテラ150Mは、スウォッチの姉妹会社ETAのオメガ4564スイス製クォーツ精密ムーブメントで動作し、バッテリー寿命は25か月です。

オメガシーマスターアクアテラウォッチのフルレンジには、オメガに期待される素材、仕上げ、構造を備えたさまざまなサイズとバリエーションがあります。 すべてが150メートル防水で、特にクラシック/ドレッシーなスタイリングと見なされるものを考慮して、良好なレベルの耐久性を約束します。 もちろん、シーマスターラインとオメガ全体の歴史を共有すると主張することができます。 そのため、最も手頃なオメガメンズウォッチはそのすべてを提供します。つまり、機械式ムーブメントであるオメガウォッチを除き、オメガウォッチに求められるものは多かれ少なかれあります。

したがって、クォーツは多くの時計愛好家のためにそれをカットしないので、彼らは男性のための最も手頃な機械式オメガ時計としてオメガシーマスターダイバー300Mコーアクシャルを探しています。 この価格帯では、シンプルな3針オメガシーマスターダイバー300Mコーアクシャルウォッチは、41mmおよび36.25mmのケースで利用でき、それぞれにラッカー仕上げのダイヤルと青または黒のセラミックベゼルが付いています。 ここの写真は、幅41mm、厚さ13mmのバージョンのものです(参考までに、私の手首は6.5インチ、つまり約17cmです)。

オメガシーマスターダイバー300Mコーアクシャルは、明らかに300メートル防水で、「プロフェッショナルダイブウォッチ」として認定され、10時位置にヘリウムエスケープバルブを備えています。 ヘリウムエスケープバルブは主に会話の一部として機能しますが、すべてのダイブウォッチにそれらが含まれているわけではありません。したがって、オメガの最も安価な機械式時計でさえ、必要最低限​​の製品ではありません。

この概念をさらにサポートしているのがセラミックベゼルです。 ダイバーズウォッチのベゼルでは、セラミックの使用がより一般的になり、「標準」に近づいていますが、オメガシーマスターダイバー300Mは2012年からこの機能を搭載しています。セラミックベゼルは、サファイアクリスタルとの組み合わせで注目に値します。時計の前面全体が本質的に永久に傷がつきにくいことを意味します。 また、ルーメはアワーマーカー、ベゼルピップ、および針の先端だけでなく、スケルトン化された手のシャフトの細いストリップも暗闇で光ります。これにより、オメガの時計が読みやすく認識できるようになります。すべての照明状況で。

オメガシーマスターダイバー300Mコーアクシャルは、見た目とオメガの歴史の観点から見てモダンですが、ブランドのダイビングの血統は1932年のオメガマリンに遡ります(デビッドブレダンがダイブウォッチの歴史記事で説明しています)。 ロレックスサブマリーナーへの答えとして、オメガシーマスタープロフェッショナルラインは、1957年にシーマスター300で始まりました。 最後に、最初のオメガシーマスターダイバー300Mが1994年に今日のような形で導入されました。