ミド・コマンダーシェードスペシャルエディションウォッチ

私の本の中で、御堂は最近それを強く持っていると言わなければなりません。 ブランドに特に注意を払わずに、真に興味をそそられ、リリースしているモデルを検討するようになったからです。 あなたは2018年がブランドにとって大きな年になると予想しており(100周年記念なので)、あなたは正しいでしょう。 100周年記念を祝うために、Mido Commander Shade Special Editionウォッチをご用意しています。

仕様書

ブランド:御堂
モデル: Commander Shade Special Edition
寸法: 37mm
ケース素材: 316Lステンレス鋼
クリスタル/レンズ:アクリル、御堂ロゴ入り
ムーブメント: ETA 2836-2
頻度: 28, 800bph
パワーリザーブ:最大38時間
ストラップ/ブレスレット: 316Lステンレススチールミラネーゼメッシュ、サテン仕上げ、ケースに統合
価格と在庫: $ 870

分析

100年の歴史を刻むブランドにふさわしいように、彼らはほぼ60年前から存在する時計ラインを取り(1959年に最初のミド・コマンダーがデビュー)、名誉のためにそれを選択しました。 そして、ええ、そのミド・コマンダー・シェードはヴィンテージの良さのおいしいおやつです。 ケース内では、ETA 2836-2ムーブメントを備えたすべてモダンです。 しかし、外では、それは甘美な余暇のスーツです。

まず、御堂司令官シェードの文字盤から始めましょう。この文字盤は、名前が付けられ、ブランドの始まりでもあります。 単にサンバーストダイヤル、スモークダイヤル、またはツートーンダイヤルだけで満足することはありませんでした。 私はこのモノクロ効果を楽しんでいますが、太陽光線のパターンが光を非常にうまく捉えていると思います。 また、時のマークでこれらのインデックスをもう少し飛び出させ、それ自体がハンドセットによって配置されたアーキテクチャ要素をピックアップするのに役立ちます。 幸いなことに、現代の好みには、時間のマークと携帯電話自体にスーパールーミノヴァの良いダッシュがあります。

次に、ミド・コマンダー・シェードの場合です。 これはよりコンパクトなサイズ(37mm)で、モノコックケースにラグがまったくないことを考えると、間違いなくさらに小さくなります(つまり、柔軟なミラネーゼブレスレットにはケースギャップがないことを意味します)。 しかし、これもビンテージの雰囲気に合います。 ケースを突破すると、アクリルの結晶が現れて、より古い学校の良さが得られます。 そして、それだけでは十分でない場合は、元のMidoのロゴも時計に表示されます。

広告

概要

あなたが私に尋ねると、長年の御堂のファンはここでブランドが作成したものにかなり満足するでしょう。 パーティーにもう少し新しい人(自分のように)の場合は、新しい時計をどのくらいヴィンテージにしたいかを決める必要があります。 あなたの答えがデイグロペイズリーの形をとるなら、私は、御堂司令官の陰があなたのためであると言うために冒険するつもりです。 幸運なことに、この時計はたったの$ 870でヒットすることが期待されています。 midowatches.com