2014ハンズオン用オメガスピードマスターマークIIウォッチ

今年のバーゼルワールドの印象的なリリースの幅広い範囲の中で、オメガは昨年のシーマスターブルヘッドと同じ同類の別の「新しいヴィンテージ」作品を発表しました。 数か月前に発表された新しいオメガスピードマスターマークIIは、1969年のモデルに基づいており、その成功したトノースピードマスターデザインを採用し、オメガの最新ラインアップに合わせて技術と詳細を更新しています。

Omega Speedmaster Mark IIのプレスリリースが私の受信トレイに届いたとき、私は本当に興奮していなかったことを認めます。 それが悪いと感じたということではなく、まったく気に入らなかったので、バーゼルワールドをじっくり見てみることにしました。 肉体にオメガスピードマスターマークIIが登場したので、オメガのこの新しいクロノグラフでマークから外れたと言っても過言ではありません。 それは素晴らしくまっすぐです。

合計3つのバージョンがまもなく利用可能になり、バイヤーは超レトロでかわいらしいグレーとオレンジのダイヤル、または非常にスピードマスターのブラックダイヤルを選択できるようになります。 3番目のバージョンは、リオで開催される2016年夏季オリンピック用に製作された限定モデルです。 ゴールド、シルバー、ブロンズのクロノレジスターを備えたブラックダイヤルを備えたRio LEは、2016年限定モデルです。

ヴィンテージのリファレンス145.014に基づき、オメガスピードマスターマークIIは幅42 mmで、起毛フランクとポリッシュエッジを備えた厚く厚いスチールケースを備えています。 ダイヤルのデザインはかなり自明であり、Speedmasterのラインナップに期待される読みやすさと軍事的なフォーマットを提供します。

特筆すべきは、タキメータースケールのデザインです。これは、サファイアでレンダリングされ、明確な数字が記載されています。 サファイアスケールは、スーパールミノーバで処理されたアルミニウムプレートの上にあり、透明なスケールテキストを通してルーメを照らすことができます。 基本的にはサンドイッチダイヤルのように機能しますが、スケールは切り取られるのではなく、はっきりしています。 効果は実にクールで、ルーメンタキメータースケールを備えた数少ないSpeedmasterの1つです。

広告