リチャードミルジェムセットサファイアRM 07-02ウォッチ

バーゼルワールド2019に先立ち、リチャードミルは、そのユニークなレディースサファイアケースの新しいテイクを発表しました。 リチャードミルRM 07-02は、3つの異なる色で作られています。 サファイア色のケースは、サファイアの汎用性を最大限に活用しており、このプロジェクトに選択されている色はピンク、青、緑です。 現時点では、青いケースの画像しかありませんが、提供されたら残りを共有します。 これは、リチャードミルが製造した最初のサファイアケースではありませんが、ブランドの女性用腕時計の素材にダイヤモンドがセットされているのは初めてです。

これらのケースの作成は簡単な作業ではありません。それぞれのケースはサファイアの固体ブロックから機械加工されているためです。 ブランドによれば、これにはサファイアの構造の検査を含まず、色が一貫していることを確認するために40日かかります。 リチャードミルやそのセラミックで一般的に使用されているカーボンTPTと比較すると、機械加工、検査、生産にかかる時間はほぼ2倍です。 長いプロセスの一部には、ケースの周囲に一連のダイヤモンドを保持する赤またはグレーゴールドのプロング用に12のアルコーブを切り分けることが含まれます。 しかし、落胆しないでください。リチャードミルの署名入りのケースネジも同様に露骨に発音されます。 王冠に関しては、同様のRM 07-02のブランドの2015年リリースとは異なり、新しいバージョンにはダイヤモンドのような形状と外観が含まれており、時計の全体的なテーマに追加されます。

各文字盤には、ケースの色に基づいたユニークな石が使用されています。 たとえば、ここの青いサファイアケースは真珠層の石を特色とし、緑のケースはネフライトを使用し、ピンクはジャスパーを使用しています。 これらの画像はありませんが、石のバリエーション、さらには石のテクスチャーによって、各ケースの色相にサファイアの色よりも広い独自の外観が与えられると思います。

ブランドによれば、ケース全体は内部の動きに注意を引くように設計されています。 プレスリリースでは特定のムーブメントを指定していませんが、仕様と冗長性に基づいて、上記のリンクで使用されている時計と同じCRMA5ムーブメントと思われます。 自動巻きキャリバーは、きちんとした可変ジオメトリー(着用者の活動レベルに基づいて調整できることを意味します)の18Kゴールドのローターを使用しています。 CRMA5であると仮定すると、28, 800vphで動作し、50時間のパワーリザーブがあります。

正直に言って、これらの時計はばかげているように見えます。 そのような豊かさの時計を作成するために必要な非常識な技術的偉業に関しては疑いの余地はありません。 ケースがサファイアの単一ブロックから非常に細心の注意を払って作成されているという事実は、それ自体が印象的です。 それに加えて、サファイアを着色するときに均一な色相と不透明度を達成することは難しく、あなたは本当に特別な作品を持っています。 これらの価格と在庫はまだリリースされていません(受け取った時点で掲載します)が、これらは非常に限定的で、7桁のマークに近づいている、または超えていると推測できます。 詳細については、 richardmille.comをご覧ください

広告