ロレックスエクスプローラーI 214270 39mmレビュー

私は、ロレックスエクスプローラーI 214270を手に入れた人たちに同情しています。単に見た目がハンサムだからと言って「それを手に入れた」人たちを超えて、フェアを行ったエクスプローラーIの顧客もいます。最初の(または次の)ロレックスを購入する前に少し研究します。 彼らは、サブマリーナーとサブマリーナーデイト、そしてオイスターパーペチュアル、Explorer Iの価格と機能の両面にある2つのコレクションを見てきました。 エクスプローラーI 214270にたどり着く人たちと関わりがありますが、それでも、今日手頃なロレックスを買おうとして、これが私が購入する時計かどうかはわかりません。

数百のフォーラムページやレビューを見ると、ロレックスを選ぶ際に「あなたに最適な」決定をしようとする闘争の冒険に捧げられる無数のビデオだけでなく、恐ろしく簡単に迷子になります。 サイクロプスファン、マキシケースヘイター、セラクロムセラミックベゼルの否定論者と信者、OP(私たち人間にとってはオイスターパーペチュアル)の価値提案説教者、ファクトシート比較者、そしてリストは続きます。 苦労して稼いだお金を入れる最適なロレックスの時計を探しているときに経験する心理的な苦労で、記事全体またはおそらく本全体を埋めることができました。

幸いなことに、最近ではスチール製のロレックスの時計では価値の保持が非常に優れているため、選択があなたにとって正しいものではないことに気付いたとしても、それ以上の損失はない可能性があります数百ドル。 しかし、ここでの目標は、ロレックスエクスプローラーI 214270があなたのための時計であるかどうかを判断する手助けをすることです。

ロレックスエクスプローラーI 214270は、基本的に、ケース、ベゼル、ダイヤル、ブレスレット、ムーブメントに関して、オイスターパーペチュアル39とサブマリーナーの「日付なし」を組み合わせたものです。 これにより、価格と機能の両方の面で、Explorer Iを使用した場合、両方の世界で最高の結果が得られると多くの人が思うようになりました。

これらの3つのコレクションには微妙な違いがあるのと同じくらい多くの優先順位とアプローチがありますが、ここでExplorerがどのように適合するかについて簡単に説明します。

広告

基本的に、OPの39mmオイスタースチールモノブロックミドルケースは、40mmオイスタースチールサブマリーナーの平坦な台形プロファイルよりもわずかに曲線的なプロファイルを持っています。 Explorer Iのベゼルはそれぞれ異なります。OPにはドーム型の高光沢ベゼルがあり、Explorer Iにはロレックスが「スムーズ」ベゼルと呼ぶものがあります。 丁寧に研磨されていますが、OPの凸面ベゼルではなく、平らな表面を持っています。 Explorer IのどこにもCerachromはありません。つまり、スチールベゼルに少なくともいくつかの渦巻きが生じることは確かですが、Cerachromベゼルインサートに亀裂が入る恐れはありません。 エクスプローラーIの耐水性は、サブマリーナの300メートルの定格とは対照的に、完全に十分な100メートルです。 すでにお気づきだと思いますが、これは本当にトレードオフのゲームになるでしょう。

ロレックスエクスプローラーI 214270内の動きは、ロレックスキャリバー3132です。これは、オイスターパーペチュアル39と同じです。サブマリーナー「日付なし」の3130との主な違いは、エクスプローラーとOPの両方が「高性能パラフレックスショックアブソーバー」は、奇妙なことに、プロのダイバーズウォッチの血統を持つサブマリーナーはそうではありません。 下の画像にロレックスエクスプローラーのパラフレックスショックアブソーバーがあります。 今日のすべてのロレックスの時計と同様に、すべてに最高のクロノメーター-2 / + 2の1日の精度評価と5年間の国際保証が付いていますが、OP、Explorer I、Submarinerには48時間のパワーリザーブがあり、 32xxと呼ばれる新世代のロレックスムーブメントに存在する70時間以上の拡張パワーリザーブ。 これについては、もう少し詳しく説明します。

ロレックスエクスプローラーI 214270のダイヤルには、青色のクロマライトディスプレイが搭載されています。基本的にはBGW9発光材料で、一般的なSuper-LumiNova C3よりも長持ちしますが、強力な充電を行った後はそれほど明るくありません光源。 パネレなどで見られるように、スーパールミノバの一時的なライトショーよりも、クロマライトの長続きする青の色相がはるかに好きです。

前世代のエクスプローラーIの途方もなく小柄な分針は、BaselWorld 2016でロレックスエクスプローラーI 214270を使用して、36 mmのピースから持ち上げられず、39 mm幅の時計用のハンドセットに更新されました。 その小さな手の探検家は、私はまったく起こらなかったはずであり、私の推定では、それほど長くは続かないはずでした。

明らかにサブマリーナーよりも少し薄く塗装されていますが、ダイヤルはまだエルトン・ジョンの指の爪と同じくらい光沢があり、18カラットのホワイトゴールド「プロの手」の光沢と非ARの目立たない反射率を組み合わせれば迷惑です-コーティングされたフロントサファイアクリスタル。 Explorer I 214270は、ロレックスウォッチのプロフェッショナルファミリーに属しています。 しかし、私の本では、「プロフェッショナル」と「反射率」という言葉が同じ時計に共存するべきではありません。 良い点は、高価な、本当に非常に光沢のある時計を身に着けていることを時計について何も知らない人にとって簡単にわかるということです。 よかったね!

このメモでは、ロレックスが「クラシック」ウォッチファミリーと呼んでいる時計に属する時計の光沢のある文字盤+光沢のある針+光沢のあるクリスタルの組み合わせをもっと受け入れるように強制できると思います。日付、デイトジャスト、チェリーニなど。 それでも私は怒りますが、彼らがプロの時計に適切なロレックス品質のARコーティングを追加した場合(それはどれほど素晴らしいでしょうか?)、私は彼らの光沢のあるすべてとの恋愛に少し寛容だと思います。

これを除いて、ダイヤルの品質はまだかなり高いです。 18Kホワイトゴールドのインデックスと針は、高級感をさらに引き立てています。 時針と分針にわずかなドーム型の曲線が付いているかのように見えます。これにより、より多くのボリュームとさらに高品質な外観が得られます。 秒針は平らに見えますが、均一に磨かれており、クールなルーメンのピップがあります。 ケーキの上のアイシングは、6時の位置にあるすべてのロレックスサファイアクリスタルに存在する、レーザーエッチングされた、そして途方もなく写真を撮るのが難しいロレックスクラウンです。 (上の画像でこれを見ることができます。)それは非常に小さく、光はそのような特定の方法で小さなエッチングに当たる必要があるため、肉眼でこれを見る可能性は基本的にゼロです。

執行の質について言えば、クリスタルとダイヤル部門で行うべき余分な仕事があると私は明確に信じていますが、ロレックスは4桁の価格で外観を見るとなると(グランドセイコーと共に)王者ですセグメント。 ケースやブレスレットの全体的なタッチ、感触、外観は、プロの時計の古い世代のラグに沿って走る磨き上げられた角のあるエッジをなくしたにもかかわらず、驚くべきものです。

それでも、上の画像のそのケースプロファイルを見てください。このような表面を可能にするマシン(およびスキルセット)を作成することで、頭が痛くなり始めます。一貫性のそのようなレベルで。 表面処理もきれいです。 ロレックスは、今日のスチール製高級腕時計の残りの99%に使用されている316Lスチールよりも磨きがかかっているため、よりエキゾチックな904Lステンレススチールを選択したと言います。 彼らが実際に達成できる角度と表面処理は、金属に見られるおやつです。

ブレスレットは、上部のセグメントに非常に繊細なブラシ仕上げの表面を表示し、外側のリンクの端はベゼルとケースのプロファイルに一致するように高度に磨かれています。 そして、そのサファイアクリスタル! 3リンクのオイスターブレスレットは1000年前のものかもしれませんが、高級ワインよりも熟成されています。 リンクは、速く流れる川の底で同じくらい長く費やした小石のように感じます:それらの内部は滑らかで、それらの端もそうです。 リンクの間隔がうまく設計されていなかったり、鋭いエッジがどこからでも髪の毛を引っ張ったり、肌を刺激したりしたことはありません。

クラスプも見た目も感じも高価です。 機械的抵抗が美しく、最も安心できるクリックで閉じる、大量の金属製スイベル。 ExplorerにはOysterlock安全クラスプがあります。これには、意図しない開きに対する追加のセキュリティを確保するための2次折りたたみクロージャーがあります(OPには単一のクロージャーがあります)。 ただし、Explorer Iには、2mm刻みで最大20mmの延長を可能にするSubmariner's Glidelock調整システムがありません。 その代わりに、Easylinkシステムがあります。このシステムはハーフリンクピースを備えており、留め具の下に伸ばしたり押し込んだりできます。 悪いシステムではありませんが、より細かく、2mm刻みに慣れると、もう少し粗雑で、時には完璧ではないように感じます。 Glidelockは製造がより難しいと確信していますが、それでもExplorer Iに搭載するのが大好きです。