セイコークレドールフガクトゥールビヨンリミテッドエディションウォッチには初のセイコートゥールビヨンが搭載されています

バーゼルワールド2016で、セイコーの非常に高級なアームのクレドールは、セイコーによる最初のトゥールビヨンムーブメントを特徴とする限定版の作品をリリースしました。 最初は少し驚いていましたが、実際のところ、日本ではトゥールビヨンを見つけるのは難しいので、そこにいるコレクターは一般的にトゥールビヨンでかなりぬかるんでいます。 キャリバー68をベースにした新しいキャリバー6830ムーブメントを備えたクレドールフガクトゥールビヨンリミテッドエディションウォッチは、セイコーの3人のマスタークラフツマンによって作られています。

キャリバー6830は、セイコーの極薄ムーブメントコレクションであるキャリバー68に基づいています。 平賀atが組み立てた手巻きムーブメントで、その履歴書にはセイコーの9SまたはHi-Beatムーブメントのヘッドエンジニアであることが含まれています。 ムーブメント自体は厚さ3.98mm、幅25.6mmで、セイコーは「体積で」世界最小のトゥールビヨンであると主張しています。これは、私が特に興味を持っているわけではありませんが、「最も」または「-明らかにPR過誤です。 興味深いのは、彼らがパレットフォーク設計と統合されたホイールとブリッジを使用して音量を抑えていることです。 ムーブメントは21, 600vphで動作し、37時間のパワーリザーブがあります。 セイコーは、1日あたり-10 / + 15秒の精度を主張しています。

北斎の木版画シリーズ「富士山の三十六景」、特に「神奈川沖の大波」は、セイコークレドールフガクトゥールビヨンリミテッドエディションウォッチにインスピレーションを与えました。 これは文字盤のデザインと、富岳が富士山の別の言葉であるという事実を最も明確に反映しています。 日本の富士。 照井清は彫刻家として働いており、波はイエローとホワイトゴールドで行われ、その厚さは最も厚い1.6mmから最も薄い0.5mmまでの範囲です。 裏蓋には同じ波があり、山も見えます。 バランスホイールブリッジに刻まれた富士山。 表面はすべて、世界的に有名な加賀漆芸家である田村一樹によって漆塗りされています。

最後に、マスター・クラフツマンとして認められた最初の時計デザイナーである小杉信宏がケースを組み立てます。 ケースは幅43.1mm、厚さ8.8mmで、プラチナ950、18Kホワイトゴールド、18Kイエローゴールド、48個のサファイアでできています。 文字盤は、18Kホワイトゴールド、18Kイエローゴールド、漆、マザーオブパール、およびヤコガイ (巨大なカタツムリの殻)で作られています。 確かに水着ではありませんが、セイコークレドールフガクトゥールビヨンリミテッドエディションケースは30m防水です。 クロコダイルストラップには、プッシュボタンリリース付きのPlatinum 950 3重留め金があります。

現在、135年後、セイコーは、北斎風の彫刻が施されたセイコークレドールフガクトゥールビヨンリミテッドエディションウォッチを発表しています。 北斎が選ばれた芸術家だったのは偶然ではないと思います。彼の作品は日本以外の日本美術のいたるところにある例です。 セイコーは、時計製造に関してはこの点で北斎に似ています。

広告

興味深いのは、セイコーが自宅では人気がなく、中東、ロシア、中国、米国などの場所で世界的に非常に人気のある合併症を選んだことです。 多くの人にとって馴染みのない名前であるかもしれないクレドールを最も有名な日本のアートワークで補完することで、セイコーはそれらにまったく新しい合併症を導入しながら、古くからの日本の伝統の歴史を主張しています。 8つのセイコークレドールフガウクトゥールビヨンリミテッドエディションウォッチの価格は50, 000, 000円で 、わずか$ 450, 000です。 seikowatches.com