セイコークレドールスプリングドライブエイチIIインローズゴールド

ブライアン・シューによる記事

セイコーは、エイチモデルの10周年に合わせてバーゼルワールド2018を開催し、CredorラインでエイチIIの新しいバリエーションをリリースする機会を捉えています。 クレドールは2006年に設立されたセイコーの超高級コレクションであり、日本の最高の時計製造を紹介しています。ローズゴールド製のクレドールスプリングドライブエイチIIはクレドールが代表する品質の例外ではありません。 エイチIIがあなたの平均的なセイコーではないことは非常に明白です。

仕様書

ブランド:セイコー/クレドール
モデル: Credor Spring Drive Eichi II 18k Rose Gold、ref。 GBLT998
寸法: 39.5mm x 10.3mm
耐水性: 30m
ケース素材: 18Kローズゴールド
クリスタル/レンズ:サファイア
ムーブメント:セイコーのキャリバー7R14スプリングドライブ(トルクリザーブシステムを備えた手動巻き)
パワーリザーブ: 60時間
ストラップ/ブレスレット: 3重留め金付きのクロコダイルストラップ
価格と在庫: 4, 300, 000円(〜41, 000 USD)、8月に利用可能

分析

クレドールの品質の最初の兆候は、ケースから文字盤まで、エイチIIの非常に高いレベルの仕上げです。 18Kローズゴールドは、実用性と美的目的のために冷間鍛造されています。冷間鍛造プロセスにより、傷がつきにくく光沢が増します。 その後、ケースは研磨仕上げされ、鏡のような仕上がりを実現するためにセイコーが使用する技法です。 磁器の文字盤の各機能も同様に手描きであるという事実と相まって、Eichi IIのすべてのディテールは精巧に構成されています。

時計の他の主要な側面であるムーブメントも同様に注目に値します。 セイコーのスプリングドライブテクノロジーはそれ自体が印象的ですが、キャリバー7R14のトルクリザーブシステムは、余分な無駄なエネルギーを使用してゼンマイを巻き戻すことにより、さらに複雑なレイヤーを追加します。 その結果、システムはパワーリザーブに25%を追加し、印象的な60時間になります。 スプリングドライブの特徴である滑らかな秒針スイープとその高精度により、ムーブメントは技術的に非常に印象的です。 それでも、Spring Driveにクォーツテクノロジーが組み込まれているという事実は、純粋に機械的なムーブメントを探している購入者を思いとどまらせる可能性があります。

概要

Eichi IIについて興味深いのは、価格が約40, 000米ドルで、欧州の競合他社にどのように積み重なるかです。 消費者の多くは、パテックフィリップやA.ランゲ&ゾーネのような時計に数万ドルかかることにすぐに引き寄せられますが、クレドールは、消費者がスイスやドイツよりも日本を選ぶべき理由について説得力のある議論を提示します。 それでも、日本が手頃な価格のエントリーレベルの時計にのみ適しているという一般的な認識を変えるのに、Eichi IIで十分かどうかは不明です。 セイコークレドールスプリングドライブエイチII 18kローズゴールドは、8月に小売価格4, 300, 000円( 〜$ 41, 000 USD )で発売されます。 seikousa.com

広告