Tutima Flieger 6105グリーンウォッチハンズオン

バーゼルワールド2019での私のお気に入りの新しい「ラインエクステンション」(既存の時計の新しいバージョン)の1つは、Tutima Flieger 6105のグリーンダイアルバージョンです。グリーンダイアルモデル(リファレンス6105-30)サプリメントは、既存のまだ新鮮ですTutima Flieger 6105-03にダークブラウンのダイヤル。 新しいTutima Fliegerコレクションで私が本当に気に入っているのは、ファッショナブルな文字盤の色の良いツールウォッチだけでなく、2, 000ドル以下の価格で優れた価格対品質比です。

ほぼ10年前、グラスヒュッテに拠点を置くTutimaがハイエンドキックを開始しました。 歴史的なドイツのミリタリーおよびパイロットウォッチのメーカーは、独自の自社ムーブメントを生産し始め、オマージュおよびパトリアのウォッチコレクションでは、高級時計の2万ドル以上の価格帯を目指していました。 物事は再び標準化され、Tutimaは引き続きPatriaコレクションの時計で優れた自社製ムーブメントを提供しますが、日常着の魅力を備えたお得なツールウォッチにも真剣に取り組んでいます。 Tutima Flieger(飛行士)は、この最高の例の1つであり、低価格の時計でさえありません。

Tutima Flieger Green 6105-30には、幅41mmの非常にきれいなスチールケースがあり、非常にハンサムな「プレジデントスタイル」のスチールブレスレットに取り付けられています。 Flieger Greenには、黒のパイピングレザーストラップオプションを備えたマッチンググリーンもあります。 時計の内部にはベースのスイスETA 2824-2自動ムーブメントがあり、これはTutimaの社内で修正および調整され、その後キャリバー330としてブランド変更されました。彼らが行う修正の1つは、ストックローターを18Kゴールドのローターに交換することですTutimaブランドシール。 ケースは100メートル防水で、ARコーティングされたサファイアクリスタルで覆われています。

写真では、緑と赤と白の組み合わせは、私の意見では少し大胆すぎます。 とはいえ、実際には緑のグラデーションダイヤルが主に引き継がれ、Flieger 6105-30は非常にハンサムに見えます。 ツールウォッチとして、パイロットスタイルの針とアワーマーカーは、顔との優れたコントラストを提供し、見やすくなっています。 日付窓は、ダイヤルの6時位置にきちんと対称的に配置されています。 手の長さや手首の快適さなどの全体的な割合は非常に高いです。 Tutimaおよび他のドイツのスポーツ時計メーカーは、スイス人が忘れがちなように人間工学に基づいて正しく理解することがよくあります(もちろんブランドによって異なります)。 しかし、この価格帯では、ドイツのツールスタイルの時計は、スイス製の同じ価格の時計よりもはるかに価値が高いと感じています。

Flieger 6105は飛行士スタイルの時計ですが、グリーンを引き出せると仮定すると、非常に普遍的な魅力があると思います。 そうは言っても、2019年頃の時計のトレンドの観点からは、「緑は新しい青」なので、少なく見える前にもっと多くの緑の時計を見ると思います。 Tutimaは、歴史的で古典的な優れた文字盤のデザインを実際に引き出し、それをもう少し現代的で、毎日の使用にインスピレーションを得ています。 多くの点で、これはデザイン要素の品揃えが与えられたファッションウォッチですが、真剣なツールウォッチメーカーからのものと、愛好家として私が感じていないものはすべて高価です。 したがって、TutimaがFlieger Green 6105-30で提供しているものの魅力を完全に理解するには、時計に対するかなり経験豊富で洗練された気質が必要ですが、少なくともこれらの1つを購入する趣味の初心者は、オタク承認」の時計。 リファレンス6105-30 Tutima Flieger Greenウォッチの価格は、ストラップで1, 650米ドル 、スチールブレスレットで1, 950米ドルです。 詳細については、TutimaのWebサイトをご覧ください

広告