Tutima M2 Watchレビュー

Tutimaの時計は、1984年にヨーロッパの北大西洋条約機構(NATO)の公式時計として選ばれた非常に誇らしい瞬間でした。 これは、ドイツのチャップスが右手のひらに油を塗ったためではなく、むしろ、機能と耐久性の両方に関して軍事組織が定めた厳しい要件に関しては努力が報われたために起こりませんでした。

今日でも宇宙時代の雰囲気を漂わせるオリジナルのLemania 5100ムーブメントパワードウォッチは製造されていませんが、クラシックなTutimaリファレンス798ウォッチの反復がブランドのコレクションに残っています。 ドイツを拠点とするグラスヒュッテブランドが最近数年前に「再起動」されたとき、彼らの目標の一部は、今日のクラシックなコレクションをより現代的な形で継続することでした。 Tutima M2ウォッチは、非常にクールでスポーティなボディでブランドの遺産を継承しています。

Tutima M2コレクションは、1980年代のオリジナルミリタリーウォッチの自然な祖先であり、ブランドの個性を定義するのに役立ちました。 同社は、1940年代にフリージャー(飛行士)の生産を開始したときに、軍用時計とプロ用時計に重点を置き始めました。 スポーツウォッチでよりビンテージな外観を好む場合は、Tutima Grand Fliegerコレクションをご覧になることをお勧めします。

Tutimaのリニューアルの一環として、ブランドは自社のムーブメントのすべてではないが多くを自社で生産すると発表した。 これは2011年にTutimaGlashütteHomage Minute Repeaterで非常に派手な方法でデビューしました。これは、自社製の分リピータームーブメントを備えた、クラシックに見える完全にドイツの時計です。 もちろん、M2コレクションはミリタリースタイルと機能性に関するものです。そのため、ここにミニッツリピーターが登場することは期待していませんが、コレクションには非常に有能で自社製のTutimaキャリバー521が含まれています。

自動機械式ムーブメントには、有名なレマニア5100に触発されたダイヤルレイアウトがあります。それはどういう意味ですか? 主に、中央の秒針と中央の分針を備えたコレクターお気に入りのクロノグラフを採用しています。 これにより、メインダイヤルがこれらの2つの重要な情報に使用されるため、クロノグラフの使用と読み取りが容易になります。 もちろん、より一般的な代替手段は、クロノグラフが分針と時間を測定するためのサブダイヤルと一緒に中央の秒針を持っていることです。 キャリバー521にはLemania 5100のような3つのサブダイヤルがありますが、Tutima独自の方法で行われます。 1つのサブダイヤルは実行中の秒用で、もう1つはクロノグラフ時間を測定するためのものであり、最後のダイヤルはAM / PMインジケーターとして機能する同期24時間インジケーターです。 全体として、これは、たとえばValjoux 7750よりもスポーティなクロノグラフにとって優れた、より便利なダイヤルレイアウトであると感じています。

広告

この非常に便利な特定のダイヤルレイアウトで説明した他の時計には、ドイツのSinn EZM 10(こちらのレビュー)とSwiss Breguet Type XXI(こちらのハンズオン)もあります。 これらの2つの時計には、完全に社内ムーブメント(ブレゲ)または大幅に修正されたベースムーブメント(シン)があります。 すべてが美しく、非常に読みやすいものですが、Tutimaは時計のM2コレクションのクロノグラフが使いやすく、読みやすくなっていることを保証するために、視覚的な長さを追求しています。

Tutimaキャリバー521自動巻きムーブメントは、現在Tutimaが製造しているいくつかの時計で現在使用されています。 これらには、M2コレクションのさまざまなモデルと、よりドレッシーなTutima Saxon Oneコレクションのモデルが含まれます。 残念ながら、Tutima M2コレクションでは、ムーブメントはサクソンワンのようにサファイアの裏蓋の窓からは見えませんが、それは十分な理由があります。磁気抵抗。

Tutimaキャリバー521は、4時間(28, 800bph)で動作し、パワーリザーブは44時間です。 機能には、時刻、日付、12時間クロノグラフ、およびAM / PMインジケーター針が含まれます(日付を適切に設定しようとするときに、これが気に入るはずです)。 仕上げは印象的ですが、前述のとおり、Tutima M2時計の所有者は時計の裏側から見ることができないのは少し残念です。 とはいえ、これはかなり真剣な軍事志向の時計であるため、「機能優先」がその日の注文です。

Tutimaは現在、M2コレクションをストラップ上のTutima M2(参照6450-02)またはブレスレット(ref。6450-03)、およびこのTutima M2 Pioneer on strap(ref。6451-02)を含む4つのモデルとして提供しています。またはブレスレット(ref。6451-03)。 チタンブレスレットに付属しているTutima M2モデルには追加のストラップも付属しているので、私が知っている限り、ここで言及する必要があります。

私がレビューしているモデルはTutima M2 Pioneer(6451-02)ですが、このレビューがTutima M2コレクション全体であると考えても安心です。 どうして? M2とM2 Pioneerの唯一の違いは、内部フランジリングと回転タイミングベゼルの存在です。 Tutima M2はオリジナルのTutima 798に似ており、ダイヤルの周りに12時間の目盛が付いた傾斜した内部フランジリングがあり、Tutima M2 Pioneerはデザインに回転ダイバースタイルのベゼルを含むいくつかのTutimaモデルに似ています。 どちらを選択するかは、実際には個人的な美的趣味の問題であり、回転ベゼルの存在を高く評価するかどうか(これはたまたま好きです)。