ゼロスマコ500Mダイブウォッチレビュー

時計の世界におけるマイクロブランドの突然のそして猛烈な猛攻撃は、独自のことをしたい独立したデザイナーの創意工夫の産物です。 KickstarterやGofundmeなどのプラットフォームを利用して、非常に幅広い視聴者にアピールしながら、印象的な品質とリーズナブルな価格の製品を作成するために必要な資本を獲得します。 ゼロスは素晴らしい例であり、彼らはエルシャン・タンがキャプテンを務めるシンガポールに拠点を置く時計会社であり、ブロンズ、カーボンファイバー、メテオライトなどの特殊で珍しい素材の利用にデザインを集中しています。 最近のリリースの1つであるZelos Mako 500M Diverは、マイクロブランドが真剣に考えたときに生み出せるものの完璧な例です。

場合

私たちはaBlogtoWatchでZelosについて多くのことを話しました。最新のものは、DavidのHammerheadのリストタイムレビューで、好評を博しました。 デビッドが本当に注目したことの1つは、印象的なケースワークとケース素材でした(約$ 750の青銅製の1, 000mダイブウォッチだったためです)。 Makoが最初に目を引いたのもこのケースですが、別の理由で…特定の予算で入ろうとしたときに時計のどの部分が苦しむかについてかなりよく把握しているように感じます。 ケースの仕上げは一般に1つであり、ここで失望することを期待したことを認めるのは初めてです。これ以上間違いはなかったでしょう。 Makoの美しい40mmスチールケースは、価格帯で際立っています。 スチールケースの側面は繊細なブラッシングが施されており、磨かれたベベルへと移行し、ラグの上部のブラッシュドスチールへと移行します。 ケースの形状自体は、古いセイコー62MASまたは新しい6rMAS再発行(SBDC051 / 3)を漠然と連想させるもので、まっすぐな四角いラグを備えています。 Makoのサイズはラグごとに46.2mmで、箱入り/ドーム型サファイアクリスタルを含む厚さは15mmです。 これらの測定結果はすべて最高潮に達し、非常にウェアラブルな時計であり、「大きすぎる」とは感じないものの、手首の存在感は際立っています。

ベゼルはこの本当に印象的なパッケージを覆います。 それは、完全に発光する120クリックのセラミック製ベゼルです。 それは私にとってバナナです。 このレビューの時点で、Makoの価格は約749ドル(価格については後ほど説明します)で、完全にルーミングされたセラミックベゼルが含まれています。 私は頭の上のそれに対する競争力のあるオプションを考えることはできません。 価値はさておき、ベゼルは少し硬めですが、良いものです。 粗いスタイルのコインエッジがあり、しっかりと握りますが、12と6で握って回転させることができます。

最後に、王冠。 これがアキレスの時計のかかとです。 クラウンの幅は約5.4mmで、握りにくいです。 ねじ込み式クラウンでは、ねじ込みがきつすぎると、再び緩めるのが苦痛になるため、問題が生じる可能性があります。 クラウンに関するもう1つの不満は、時間を調整してねじ込んだ後、巻き上げ機構が外れないことです。したがって、クラウンを締めるときに抵抗を持ってクラウンを回します。 それがすべてのセリタのムーブメントに当てはまるかどうかはわかりませんが、それによってクラウンが少し不必要に「おとなしく」なり、対処しにくくなります。 実際には、あなたは多くの冠をいじりません。 あなたはそれを設定し、それを回転させる前にそれを着用する数日間それを設定したままにします。 この記事の執筆まで気づかなかった王冠に関する最後の小さな脚注:王冠に刻まれたブランドロゴには、少しクールなタッチのような光沢があります。

ダイヤル

ゼロスマコは箱入りのサファイアクリスタルを使用しており、ある程度の反射防止コーティングが施されている場合がありますが、それは明白ではありません。 しかし、クリスタルの箱入りまたは隆起したデザインは、最初に時計を手に取り扱ったときに、ヴィンテージ風の雰囲気になります。 私はいつもこのような隆起/ドーム/箱入りの結晶に魅了されており、ゼロスはそれをうまく引き離したと思います。

広告

次に、ダイヤル自体–ゼロスはダイヤルに放射状の波状テクスチャーを使用しました。 それは、時計に文字盤の色を非常によく示すサンバースト効果を少し与えます。 Zelosのロゴは、6時位置に白い「自動」テキストの上に赤で印刷された深さ評価で、正午に誇らしげに磨かれ、正午に磨かれます。 ブランディングとロゴに加えて、チャプターリングに沿って、各マーカーで5分間をカウントする白のトラックがあります。 ダイアル印刷について簡単に要約すると、特にチャプターリングの詳細についても多くのように思えます。 各時間インデックスの間に個別の分マーカーがあり、それで十分だと思います。 インデックスといえば、スチールが適用され、研磨されています(私は推測します)。 12時、3時、および9時の位置にダブルマーカーがあります。追加のインデックスについては未定ですが、どのような点でもうまく機能しています。 時間マーカーは本当に光をキャッチし、時計をクラスアップします。 ゼロスは一般的にここで素晴らしい仕事をしました。 これらの大きなマーカーは緑色のC3 Super-LumiNovaで満たされています。 時針と分針は剣/槍のスタイルで、中心を走るゆったりとしたルームプロットが描かれています。また、ファセットが施されており、時計が光を捕らえると大きな動きを与えます。 秒針の最後には大きな「ルーメントローチ」があり、針の最後にはダイヤルの印刷に合わせて赤の先端が付いています。 6時位置には台形の日付ウィンドウがあり(6時の日付が大好きです)、これは非常にうまく実行され、数値がウィンドウを埋め、中央にきちんと配置されています。 日付ホイールはダイヤルと一致し、数字自体は白で、追加された複雑さを上品に保ちます。

移動

ゼロスは歴史的に、セイコーとシチズン製の日本製オートマチックからスイスのETAとセリタのムーブメントまで、さまざまなムーブメントを使用してきました。 推測しなければならない場合、これは主に特定のポイントでコストを維持することによるものであるが、設計/製造時の可用性も原因であると推測します。 MakoにはSwiss Sellita SW200が搭載されています。 死んだ馬の死者を打ち負かさないために、私の経験では、これらの動きが時計にとって非常に信頼性が高く安定したモーターであることがわかりました。 ここでは何も変更しません。

ストラップ

Makoには2つのOEMストラップが付属しています。1つは熱帯スタイルのラバーストラップ、もう1つはレザーストラップ(両方のストラップに1つのバックルのみ)です。 ラバーストラップは優れた、しなやかで、伝統的な「トロピカル」な美学とうまく調和しています。 しかし、革製のストラップは、硬くて安価に作られているので、少し望まれています。 しかし、バックルは優れており、ケースと同じ磨き面取りとブラッシングを反映しています。 私はゴムの時計に非常に満足していますが、革は完全に消し去りました。

結論

一般的なゼロスに関する私の考えをまとめる前に、価格モデルについて触れたいと思いました。 この時計が始まったとき、それは399ドルで手に入れることができ、その後、連続したバッチの売り切れごとに価格が上がり、749ドルで最高になりました。 399ドルはこの品質の時計には明らかに安すぎ、749ドルは少し高すぎると思います。 また、スケーリングの価格は、購入プロセスに不必要な混乱/プレッシャーを加えると思います。 これは良い製品です。 私はそれが価値があるもので価格設定されるべきであると信じており、それは本来のように機能します。

そうは言っても、Zelos Mako 500M Diverは、十分に実行されたマイクロブランド製品の優れた例だと思います。 信頼性の高いムーブメントとオーバーザトップの深さ評価により、素晴らしいルメ、きめ細かいダイヤル、非常に心地よいケース仕上げを備えています。 ゼロスマコ500Mダイバーは現在、青以外のすべての色で、 749ドルで入手できます。その後、特別なmet石ダイヤルが949ドルで入手できます。 zeloswatches.com

必要なデータ
> ブランド :ゼロス
> モデル :Mako 500m Diver
> 価格 :749ドル(設定時)
> サイズ :直径40mm、ラグツーラグ46.2mm
> レビューアは個人的にそれを着用しますか?はい。 初めて見たときは思いませんでしたが、金属で見たことが私の意見を変えました。
> 友人が最初にそれをお勧めします :頑丈なダイバーを探している価値意識の時計人。
> 時計の最大の特徴 :セラミックルーメットベゼル。
> 時計の最悪の特徴 :タイニー/フィドリークラウン。